_75147 


完全匿名とまではいかなくとも、多少は匿名化することができます。

このVPN設定をすれば、位置情報の偽装やブラウザーの情報。端末の情報をインターネットに残さないようにすることができるようになります。

今回のやり方は、VPNgateを利用するので、日本サーバーもあり、安心して国内のブログやHPにも接続できることがメリットです。

iPhone側で専用のアプリをダウンロードしましょう。L2TPが使えませんので仕方なく。com_us_app_openvpn-connect_id590379981

https://itunes.apple.com/us/app/openvpn-connect/id590379981

↑設定アプリ

com_jp_app_vp
https://itunes.apple.com/jp/app/vpn-gate-viewer-gong-kai-vpn/id662692281?mt=8

↑情報アプリ


設定をするには・・・

VPNGateを開いてください
 iphoen 036


どれか好きなモノを選ぶと、以下の様なホップアップが立ち上がる。

iphoen 037
 

上部にある、アンテナマークか、シェアマークをTAPしてください。


iphoen 038
 
OpenVPNにコピーをTAP

iphoen 039
 
+をTAPしてください。

iphoen 040
 
このような画面が立ち上がります。スイッチをOFFからONにします。

iphoen 041
 注意書きが表示されるので、YesをTAPしてください。

iphoen 042

このまま放置します。

 iphoen 044 


ステータスバー上部に、VPNマークが表示されているのが確認されます。これで終了です。お疲れ様でした。


〆はじめはOpenではなく、L2TPについて解説したかったのだが、対応しているサーバーがチャイナとかしかないので断念しました・・・
※ううん??なぜできないんだぁ!!と管理人は非常に悩み・・・L2TPの設定がむり??できない??できるのと出来無いのがあるみたいです・・・OpenVPNを使いますか。説明欄にちゃんと書いてあり焦り。



 

人気ブログランキングへ