20141223170221 


格安SIM!いいですよね。

ちなみに、格安SIMは現在・・・情強(情報強者)の人が主に使っています。おそらくですが、今年の夏から来年に掛けて、年配層(フィーチャーフォン世代)がスマートフォン所持をする時期に入ると思います。40代以上の方々。その方々をターゲットにした、戦略を取ると思いますよ。新規事業者などは・・・

ちなみに、管理人の周りでも格安SIMに変えたよ!なんて声がちらほら聞こえてきましてね。 softbankからiijmioとか、OCNに変えたいと思い・・・検討をしたのですが。なんと管理人のスマホは古い(iPhone5s)でして、softbank公式の書き込みを見る限り、SIMフリー化は無理です!は???と思い。なんとかアクティベーションをする手立てはないかと、思い探したところ。下駄(R-SIM10)をはかすといいらしい。ちなみにファクトリーアンロックという手もありますが、当方ブログの意図に合わないのでやめました。 


※あくまでも、今回はメモをしているだけなので、やり方を紹介しているわけではありません。次期、本記事を書きます。
・(大手)キャリア別のMNP番号 ※通話料は無料
  • Docomoから他社へのりかえ
    ドコモ携帯電話から 151
    一般電話などから       0120-800-000
  • auから他社へのりかえ
    au携帯電話から        0077-75470
    一般電話から         0077-75470
  • softbankから他社へ乗り換え
    ソフトバンク携帯電話から     *5533
    一般電話から          0800-100-5533

・MVNOとは?なんぞや
MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」、日本語では「仮想移動体サービス事業者」を指します。携帯電話回線などの無線通信基盤を他の通信事業者から借り受け、独自のサービスをくわえて提供する企業のことです。その多くが携帯電話会社との直接契約よりも割安なモバイル通信サービスであることから、MVNOという言葉は「格安SIM」という意味合いで利用されています。

マイナビより。http://news.mynavi.jp/articles/2014/12/13/smartphone_word/

・業者をどこにしようか??


比較サイトを利用して、見たことから、結論を出す。

管理人の場合は、平日家にいません。ほとんど。外出先でインターネットの利用をよくします。

平均データー利用量は、5GBから6GBですね。そして、電話も使う。SMSなんて毎日使っている。すると、最上位のプランにしないといけないわけです。 音声データー通信プランと言うのは必須項目。かつ5GB以上を利用できないとストレスになる。

MVNOの安全な・・・といいますか、今回は大手の会社から選んでいきましょう。初めてですので。
モバイルルーターで有名な:UQモバイル
格安SIMで有名:楽天。minemo。IIjimo。
格安SIM以外で有名:DMM。OCN。


この上記の5の中で選んでいくことにしました。どれも通信は安定しているとのこと。高速です。


・管理人のスマートフォンはsoftbankのiPhone5s

いや・・・どうしましょうか。。。。脱獄していたのですが、どうも調子が悪くて、初期化しまして・・・脱獄で回避すらもできない状況。
そこで考えたのが、下駄と、ファクトリーアンロックをすることです。どちらもお隣の国「中国」からのサービスです。
下駄というのは、







上記のようなものです。これを利用すると、アンロックできるようになるみたいですね。発売当初に比べると、5分の1で購入できるようです。


アクティベーションSIMがあると安定するみたいです。


専門の業者のサイト様を調べてみました!http://apnshop.blog.jp/tag/r-sim10+


あとの残るはファクトリーアンロック。
この方法は中国の業者にお知らせをして、Appleアクティベーションサーバーから削除をする遠隔ロック解除です。これが一番安心ですね。・・・



〆ざっくりと、情報を調べたので・・・あとで自分のスマホ(iPhone5s)で実行してみようと思います。Andoroidにするかもしれません。







 

人気ブログランキングへ