ePSXe 



ePSXeを使用して、ネット対戦してみましょう!!最新版のePSXeをダウンロードしてやってみてください。


簡単にできます。 
PSエミュレーター(ePSXe)でネット対戦をする方法を記載します。下記の解説にそってお進みください。 

プラグインもエミュもまとめてダウンロードしたい方はこちら

必要なもの 
エミュレーター本体  プラグイン設定は独自に任せる。
ePSXe 
NPU (ネットプラグイン) ※どちらか一方で大丈夫です 
PS4NET (推奨) 
Kaillera Client 日本語化済み (サーバー) 
Kaillera Client 
以上 


ネット対戦をするにあたって 
お互いのエミュレーター、プラグインなどのバージョンを同じにする必要があります。 
これは同期させるためです。 
発言などのマナーに気をつけましょう。 

ネット対戦までの流れ 
1.それぞれ上記からダウンロードしたものを解凍します。 
 ※解凍時に他のプラグインとの混同を防ぐためにフォルダ別にしておくと良いでしょう。 

2.解凍したプラグイン3種(GPU、SPU、NPU)の中にある.dllファイルを解凍したePSXeの中の「Plugin」フォルダにすべて入れます。 

3.各自用意したBIOSを解凍したePSXeの中の「bios」フォルダに入れます。 
 ※BIOSは各自で用意してください。※BIOSとは?脳みそみたいなもの← 

ここまででエミュの設定は完了です。1人プレイが可能になりました。 

4.「Kaillera Client」にサーバを立てる(参加だけする方は読まなくても良いです。) 
Kaillera serverをDLし、解凍します。 
同じフォルダに「kaillerasrv.exe」と「kaillerasrv.conf」があるのを確認できたら、「kaillerasrv.exe」を起動します。 
ウインドウが立ち上がります。 
 ※ネット対戦を終了するまでこのウインドウは絶対に閉じないでください。 

5.「Kaillera Client」を起動、サーバへの参加 
「ePSXe」を起動して「ファイル」を選択、「ISOの起動」を押して吸い出したイメージファイルを起動します。 
ネットプラグインの設定を有効にしている場合、ゲームが起動せず代わりに「Kaillera Client」が立ち上がります。 
 ※Kailleraのマスターサーバがダウンしていると、「Kaillera Client」が立ち上がった直後に強制終了してしまいます。 
  そのような場合は、一度ネットの接続を断ってから「ISOの起動」をして「Kaillera Client」を立ち上げてください。その後、ネットを再接続して以下の操作をしてください。 


6.立ち上がった「Kaillera Client」にサーバで表示される名前を入力します。 
名前を入力したら「IP入力」を押します。 

 ※以降は下記の当てはまる方の解説を参考にしてください。 


※サーバを立てた方はこちらをお読みください 
「IP入力」を押すとIPアドレスの入力を要求されます。 
ここではIPアドレスは入力せずに「localhost」と入力します。「接続」を押します。 
 ※サーバに参加する方はあなたのIPアドレスの入力を要求されるので、教えてあげましょう。 

 ※IPアドレスの確認 
  こちらでIPアドレスの確認ができます。「REMOTE_ADDR」の値がそれです。 

次に「新規ゲームを作成」を押します。 
ネット対戦するゲーム名を押します。すると、新しいウインドウが表示されるはずです。 
あとは参加者を待つだけです。参加者が集まったら「ゲーム開始」を押します。 
あとはネット対戦をお楽しみください。 


※サーバに参加する方はこちらをお読みください 
「IP入力」を押すとIPアドレスの入力を要求されます。 
ここではサーバを立てた方のIPアドレスの入力を要求されますので、事前に聞いておいてください。「接続」を押します。 
次に「参加」を押します。 
すると、新しいウインドウが表示されるはずです。 
サーバを立てた方が「ゲーム開始」を押すと、いよいよネット対戦が始まります。 


これで完了です。 
 ※ご不明な点、誤字脱字などありましても受け付けません。 

人気ブログランキングへ